日野YOUデンタル

これからセラミック素材の歯を導入したいとお考えの方へ日野市から情報を発信中です

WEB予約はこちら

ブログ

多くの方にとって有益な情報をピックアップしております

コンプレックスになってしまっている歯を治療しませんか

歯についてコンプレックスを抱えていらっしゃる方は多くいらっしゃいます。例えば、歯並びが悪かったり欠けてしまっていたりする場合は、機能的にも見た目的にも気になるポイントとなってしまいますので、治療について一度検討されることをおすすめいたします。
患者様の立場に立ち、フレキシブルなご提案ができるよう努めておりますので、まずは気軽にご相談ください。最新のジルコニアセラミック等を含めたベストな治療について、一緒に考えていきましょう。

妊娠をするとホルモンバランスの影響で口内環境が変化して口内トラブルが起こりやすくなります。お母さんが虫歯のリスクが高いと赤ちゃんの虫歯のリスクも高くなるため正しい口腔ケアが必要になります。…

良い歯並びを正常咬合といい、悪い歯並びを不正咬合といいます。不正咬合にも色々な種類があります。上の歯が前に出過ぎている噛み合わせの事を上顎前突といいます。下の歯が前に出ている事を下顎前突と…

虫歯には大きさに種類があります。Coとは、要観察歯の事をいい、歯の表面解け始めている状態です。歯の表面に穴が開いているわけではないので、まだ削って、治療する必要はありません。C1は、エナメル質…

インプラントとは、事故や歯周病、虫歯などで歯を失った方や先天的に歯が無い方が受けられます。1本からすべてに対応しています。ただし、インプラントは手術なので全身の状態が悪い人や歯を支える骨が歯…

糖尿病をお持ちの方は歯周病になりやすく悪化しやすくもなります。歯周病があると血糖コントロールが難しくなります。高血糖によって歯を支える骨の吸収がはやくなり歯周病が進行します。逆もあり、歯茎…

歯の噛み合わせが一部強く当たるせいでなってしまう事や、寝ている間の歯ぎしり、くいしばりによって起こります。寝ている間の歯ぎしりやくいしばりは、無意識にやっているため、自分自身では、やめるこ…

大人も子供も歯の本数は決められています。子供は20本、大人は28本親知らずほ含めると32本になります。人によっては過剰歯と言って、多く歯が生えてしまう事もあります。また歯の本数が生まれつき少ない…

歯周病とは、歯と歯茎の間から細菌が侵入して歯周ポケットを作り炎症を引き起こします。さらには歯を支える骨までを溶かし歯がグラグラんいなってしまう事です。虫歯とは違う痛みがあり、軽度の頃は痛み…

被せ物には、保険が適用する銀の詰め物があります。また、保険が適用外の詰め物、被せ物もあります。種類はゴールド、セラミックのものがあります。保険適用の銀の被せ物は、銀がイオン化しやすい為、汚…

知覚過敏とは歯ブラシの時、冷たい飲み物飲んだ時、甘いのを食べた時、風に当たった時などに感じる一過性の痛みでむし歯や歯の神経に炎症がないのにしみてしまいます。原因は、歯の見えている部分をエナ…

「数十年前に被せた銀歯がグラグラしている」という場合は、被せ物を交換する時期に差し掛かっていると言えます。金属の人工歯は毒性のある素材が使用されていたり、会話中に目立ってしまったりするケースが多くございますので、安全でナチュラルな見た目を実現できるジルコニアセラミックが大変おすすめです。更に、汚れが付きにくい為、すぐに茶色や黄色になってしまうことがなく爽やかな口元を長く維持できるのも導入される上でのメリットです。
また、予防歯科において欠かせない適切な歯の磨き方や最新の審美歯科治療などに関する情報を記事としてまとめ、全国の方へ発信しております。文字だけでは伝わりにくい専門的な内容も図や写真などを用いながら分かりやすくご説明しておりますので、ぜひ定期的にチェックしてみてください。掲載されている内容について、歯科医師や歯科衛生士に直接ご質問いただくこともできます。

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。